Abbas al-Baqir Abbas

Abbas_al-Baqir_Abbas分類:大量殺人犯
特徴:武装したアル・タクファワ・アル・ヒジュラン(放棄と亡命)派閥
被害者数:23
殺人日:2000年12月8日
生年月日:1967年
被害者のプロフィール:男性崇拝者
殺人の方法:シューティング(カラシニコフアサルトライフル)
場所:スーダンオムドゥルマン
ステータス:警察による死刑執行


Abbas al-Baqir AbbasはAl Jazirah北部のAl-Dasis出身であった。彼の母親は宗教的な狂信のために家を出ていたこと、そして彼女が不倫を訴えて妹を倒したことが報告された。彼はトリポリ大学で経済学を勉強したが、イスラム教徒団体を率いて安全を脅かすためにリビアを離れることを余儀なくされた。彼は、スーダン南部の反政府勢力と戦って、国防総省の元メンバーだった。

当初、アンサール・アル・スンナのメンバーであったが、アッバスは宗教上の違いから脱退し、タクフィール・ウォール・ヒズラに加わりました。アンサー・アル・スンナのメンバーを1994年と同様の攻撃で繰り返し脅迫したと言われています。これらの脅威のために、彼は1998年に4ヶ月間、さらに数ヶ月前に逮捕されました。 Takfir wal-Hijraのメンバーであると疑われる20人の他の人。しかし、彼は悔い改めてグループとそのアイデアを放棄したと主張し、結果として彼は解放された。

2000年12月8日、スーダンのオドゥルマン郊外の村Jarafaのal-Sunna al-Mohammediyyaモスクで、夕方の祈りの中で、AK47を使用している33歳のAbbas al-Baqir Abbasは、モスクの人々の窓が即座に20人の崇拝者を殺した。彼はモスクの女性部門を避けた。その後、彼は応答する警察ユニットに降伏することを拒否し、短時間の戦闘の後に殺された。攻撃の間に33人が負傷した。負傷した人の少なくとも二人は、後でその傷で死亡した。

目撃者は、射撃は3方向から発射され、警官が到着する前に1人を除いてジェラビヤを着た少なくとも3人の攻撃者がいたと述べた。また、モスクの礼拝者だけでなく、少なくとも2人の男の子を殺して、村を通過した。

翌日オマル・バシール大統領はモスクを訪問し、犠牲者の親戚に哀悼の意を表明し、「有害な有害なアイデアから社会を守るために法律を是正する」と宣言し、狂信的な宗教団体を統制する法律が制定されることを保証した”。虐殺の結果、警察や治安部隊がKhartoum州で、暴力を防ぐための大規模な査察キャンペーンを展開し、Takfir wal-Hijraの65人の主要メンバーを逮捕し、治安法が強化され、法執行機関最大6カ月間容疑者を拘留した。改正案は、野党が自由を縮小することで批判され、バシール大統領が事件を悪用して権力を増やすと非難した。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *